屋久島 ガジュツ

屋久島 ガジュツ 画像

ガジュツの由来

「ガジュツ」はショウガ科ウコン属に属す1種の多年草で、
その別名は”紫ウコン”とも称されます。

通常のウコンやターメリックとは
また別のカテゴリに分類されます。

また、
主な産地とされている屋久島では
ガジュツの事を「ゼッツ」とも言います。

日本への渡来の歴史は
はっきりした文献などは無いものの、
江戸時代には存在していたと言われていて、
それが屋久島の民間薬として使用されていたそうです。

今では屋久島で重要な産物となっています。

精油に薬効があると言われているガジュツ。

古来は漢方薬として扱われていましたが、
近年では健康食品、
またはサプリメントとしても高い人気を誇ります。

ガジュツは主に茎根の部分を生薬として用いられ、
効果としては芳香健胃作用があると言われています。

ダイエットにも効果があると言われており、
昨今では女性を中心に注目を集めているガジュツは、
健康的で快適な毎日を送る上で、
これからも広く脚光を浴びていきそうな食品です。

便秘解消に、ガジュツ

古くから中国で漢方薬として使われてきたガジュツ。

現在の日本で栄養価の高い食材として
幅広い層から用いられています。


そんな、
屋久島の名産ガジュツ、
効果も様々ですが、
その中でも宿便・古便の排出作用があると言う事で、
注目されています。


大腸がんにも繋がってしまう宿便・古便。

現在現代人の食物繊維摂取量は大幅に不足しており、
それが大腸がんを患う人口の増加に
つながっていると考えられています。

宿便・古便などの便秘症を伴うと、
胃腸の働きや基礎代謝も低下します。

それが原因で
肥満や更年期障害になってしまうこともあります。


主にこれらの便秘症状に効果的な成分は、
アズレンとカンファーと言われ、
優れた抗炎成分として知られているアズレンは、
胃潰瘍や胃の炎症の予防に、
更にカンファーには胃腸の働きを整える
整腸作用があると言われています。


近年、ガジュツはこのような効果に加え、
冷え性などにも効果があると言われています。

多面的な作用が知られる
期待の健康食品と言えるでしょう。

ガジュツの整腸効果

多年生草本に部類されるガジュツは、
屋久島が産地とされるショウガ科ウコン。

根茎に主に栄養分が含まれています。


このガジュツは100種類の成分が含まれていると言われており、
また、
その効果も様々。

風邪や肩こり、
冷え性にも効くと言われていますが、
胃炎や胃潰瘍、
または十二指腸潰瘍にも
効果を発揮すると言われています。


胃炎関連の病気はピロリ菌の感染が原因と言われていて、
その発生の確率は40代以上だと9割近くだと言われており、
深刻視されています。


ガジュツはこれらのピロリ菌に対する抗菌作用が強く、
ガジュツを服用して胃の調子が良くなったと言う例は
実際に多いようです。


更にこれは、
下痢や消化不良、
更には便秘等にも効果的で、
胃や腸の調子をいつも快適に保ってくれます。

これらの胃腸内の成分を整えてくれる成分としては、
シオネール、
カンファー、
アズレンなどがあります。


整腸効果の他にも、
美容やダイエット、
滋養強壮など、
ガジュツにはまだまだ沢山の効果があると言われています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。